彼女の作り方。「人見知り」はセーフ、「礼儀知らず」はアウト!あなたはどっち!?

彼女の作り方。「人見知り」はセーフ、「礼儀知らず」はアウト!あなたはどっち!?

人見知りの人は同性に話しかけるのさえ難しいですよね。

異性に話しかけるのなんて絶対に無理。

そう思っている人はたくさんいるはずです。

でもちょっとした努力でそんな自分を変えることができます。

彼女が欲しい人見知り男性のために

女性と親しくなれる方法をご紹介していきます。

彼女の作り方。人見知りでも、最低限これだけは女性に伝えたい!好感度UPのひとこと例。

人見知りと礼儀知らずは違います。

人見知りだから何を言っても何をしても許されるとは限りません。

最低限の礼儀を女性は求めていますので

女性に嫌われず好感を持たれる一言をご紹介していきます。

「気が利くね、ありがとう」

当たり前のことで褒めてもらえるのは非常に嬉しいです。

職場でコーヒーを入れたり掃除をしたり

毎日の行動でも誰かが見ててくれていると思うと

なんだか気合いが入るものです。

女性に対して感謝の言葉を言うのは毎日でなくてもいいので

タイミングがあったときや2人になるチャンスがあるときに

そっと言ってあげましょう。

また、気が利くという言葉は女性言われて嬉しい言葉ランキング

上位なのではないでしょうか。

下心が感じられないので嫌味なく受け取ってもらえます。

「雰囲気変わったよね」

自分の外見を褒められて嫌な気はしません。

あからさまに可愛いなどを言うのは

人見知りのあなたにはハードルが高いですよね。

ストレートな言葉で言う必要はないので

さりげなくほめる程度のこの言葉はおすすめです。

髪を切ったあとやファッションがいつもと違うときは

ぜひこの言葉を言ってあげましょう。

挨拶

挨拶をされて嫌な気のする人はいませんよね。

朝から気持ちのいい挨拶だったり

疲れているときにお疲れさまと一言かけてもらうだけでも

気持ちは楽になります。

精神的に疲れているときが一番効果的ですが、

日頃から挨拶する習慣をつけておくことで

いざとなったときに緊張せず話しかけられますよ。

最初は挨拶からはじめ慣れてきたら

挨拶+一言を心がけましょう。

彼女の作り方。人見知りでうまく話せなくても相手に好かれる、お役立ちボディランゲージとは!?

そもそもボディランゲージとは、

声を出さず身振り手振りを使い相手に自分の意思を伝えることです。

日本語では身体言語と言われます。

つまりジェスチャーです。

これは日頃の生活の中で誰もが無意識のうちに行っています。

人見知り男性が女性に好かれるための

もっとも効果的なボディランゲージを2つご紹介しましょう。

・身を乗り出す

人見知りの人にとって大きなジェスチャーを使うことは

非常にハードルが高いです。

しかし会話の中で相手が自分の話をし始めたらチャンスです!

相手の話に興味があるというように

「それで?」と身を乗り出すと

相手は自分に興味を持ってくれていると感じます。

身を乗り出すといっても背中を壁から離す程度でOKですよ。

・ミラーリング

この方法はかなり有名ですよね。

一度は聞いたことがあるかと思います。

相手の行動を鏡のように真似するといった行動です。

あまりにもあからさまにやると不自然に思われますので

相手が動いた少しあとに動くようにしましょう。

全部を真似する必要はありません。

相手にとって不愉快にならない程度におさえておきましょうね。

まとめ

人見知りは好きな女性を諦める理由にはなりません。

せっかくできた好きな人を大事にするためには

女性に対する気遣い気配りはとても大切です。

無理に楽しい話題にもっていかなくてもいいので

自分が楽しいと思える時間をつくることからはじめましょう。


彼女いない歴=年齢の男性必見!彼女の作り方をゼロから徹底解説。

CTA-IMAGE 彼女を作るのに、まずは出会いがなければなんともなりません。とにかく出会いなんです。 出会って恋愛がスタートさえしてしまえば、口下手だろうがインドア派だろうがなんとかなるもんです。 そこで、女性と出会うきっかけをどう作っていくか?その王道5パターンをお伝えします!

草食男子カテゴリの最新記事