彼女の作り方。年下の彼女が欲しい!「頼れるお兄さん」から始めて、彼氏にステップアップする方法!

彼女の作り方。年下の彼女が欲しい!「頼れるお兄さん」から始めて、彼氏にステップアップする方法!

男として見てほしいのに、頼れるお兄さんとして見られてしまう人も多いでしょう。

それは私もよくある結果です。

私は気が強い姉がいたことで、とても女性に対する苦手意識が出来てしまいました。

それが原因でなかなか彼女が出来ない期間もあったのです。

それを克服する為にはどうしたら良いのか!

過去の経験を基にどうしたら良いのかをお伝えしていきます。

彼女の作り方。年下女性とのコミュニケーション方法、完全攻略!会話ネタの選び方

年上女性が苦手な方は、年下女性がやはり気にしてなって仕方ないでしょう。

私も一時期そうでした。

年下女性を彼女にする際に、どうしたら彼氏となれるのかを考えてしまい、実際にはお兄さんとしかなれない場合がありました。

では、私はどうやって年下女性を彼女にすることができたのか?

私の経験を基に、どうしたら彼女にできるのかを成功例として参考にしてください。

年下彼女を作るには、年下友達を作れ

私の場合、年下の友人を通して、女性と知り合うことができました。

友人を含めて交流をしていく中で、親密度が上がり「仲良し状態」になりました。

それから、気になる女性へと私自身の意識が変化していったのは、そう時間はかかりませんでした。

ただ、以前にも年下女性との関係で「兄ちゃんにしか見えない」という経験もあったので、とにかく気を使いました。

今回は、なるべく「彼氏と友達」との距離感に気を付けました。

彼氏ほどべたべたせず、友達よりも親密に過ごす!

どれだけの距離感がベストかというと、少しでも身を任せてもらえるような対応をすること!

そっけないそぶりなどはしないで、しっかりと前のめりになって話を聞く事です。

そうした対応を「好意がある」というように感じてもらえれば、女性も「私のことを好きなんだわ」と認識してもらえます。

それがいつのまにか、お兄ちゃんではなく「頼れる男性」という目線に変化していったのです。

これが私が経験した、年下女性との恋愛実話になります。

彼女の作り方。年下女性が年上の男性に期待するポイントとは?若い彼女に好かれるコツ!

年下の彼女を作るには、大人の対応は必須です。

それはどういうことかというと、まずはデート時などの行動で、引っ張っていってくれるところです。

やはりエスコートしてくれる男性には大人の魅力を感じるため、それをまずはポイントとして見てくれる女性は必ずいます。

その他には何気ない気遣いが大人の優しさでもあります。

デート時などは、相手の帰りや、生活を気にしてあげる余裕のある対応が大人としてのポイントです。

是非、年下の女性を彼女にしたいのなら余裕のある行動を心がけてみてください。

しっかりと大人の男性としてエスコートもしてみましょう。

ただし、あまり世話を焼きすぎるのはNG。

ただの「お兄ちゃん」と思われてしまうかもしれません。

まとめ

年下の彼女を持つには、男性として大人の対応が必ず必要となってきます。

完璧ではなくてもいいのです。

行動そのものにも余裕のある対応が必ず求められますが、完璧でないからと決して悪い訳ではありません。

何が大事かというと、その気遣いが何より大人の配慮になるからです。

女性を余裕の状態で気遣い想えることが、女性からすると大人の対応になることでしょう。

これから年下の彼女がほしい人は、まずは大人の対応が出来るように心掛けましょう。

 

【関連】

⇒年下の彼女をゲットしたいなら、まずは出会いの場所をチェックしよう!

⇒20代のかわいい彼女が欲しいなら、今すぐ変えなきゃいけない3つの習慣!

 


彼女いない歴=年齢の男性必見!彼女の作り方をゼロから徹底解説。

CTA-IMAGE 彼女を作るのに、まずは出会いがなければなんともなりません。とにかく出会いなんです。 出会って恋愛がスタートさえしてしまえば、口下手だろうがインドア派だろうがなんとかなるもんです。 そこで、女性と出会うきっかけをどう作っていくか?その王道5パターンをお伝えします!

彼女の作り方カテゴリの最新記事