彼女の作り方は、きっかけ次第!女性の好感度を劇的にUPさせる、ちょっとした行動とは?

彼女の作り方は、きっかけ次第!女性の好感度を劇的にUPさせる、ちょっとした行動とは?

彼女が欲しい男性と彼女がいる男性となにが違うのでしょう?容姿?学歴?職種?

どれも対した決定打ではないと女性側からはみています。

社会人になってからのお付きあいとなれば尚更です。

では一体どこがちがうのでしょうか?

またそれはだれでもできることなのでしょうか?

現在の気遣い(レディーファースト)の意味

もともとの意味は海外では中世のフランスで「男尊女卑的」な意味合いからできた言葉でした。

今は男性が女性をエスコートまたは守り、いかに優しくいたわるかという意味となっています。

礼儀のひとつです。

彼女の作り方はきっかけが良ければ後がラク!西欧文化のレディーファーストを使った作戦!?

では海外に根付いているレディーファーストにはどんなものがあるのかご紹介していきます。

  • 女性のためにドアを開ける。
  • 重いものを持ってあげる。
  • 手を貸してあげる。
  • 先に譲る。
  • 優しくしてあげる

これはよく見ていただくともう日本でも見かけたりしませんか?

御自分でされてなくても定着しつつあることもありますね。

あなたの周りにこの行動を自然にできる方がいたら見てください。

彼女がつねにいたりしませんか?

【彼女の作り方】きっかけ一つで違う!外国人男性が出会いでつかう手を日本人向けに改編!

たとえば2人で食事にいくことができたとき気をつけることは…

  • お店では扉を開けてあげる。
  • 椅子をひいてあげる。
  • 奥の席に。(お店の雰囲気をみて実行)
  • お料理のメニュー表を先にみせる。
  • 困っているようなら聞いてあげる。
  • 女性が言いにくそうだったりする様子をみていてあげる。

お店のシュチュエーションでしたらわかりやすいかと思いました。

例にしていますが、要点3つの気遣いが大切です。

①今相手が困っている時→手助けする

寒くなっていたらコートを羽織らせてあげる

②後で相手が困らないようにする

ある程度の先を見越すことが大切です

(喉が乾きそうなところへ行くなら先に水分補給をさせてあげるように声をかける)。

③相手が望んでいることをする。

まさにレディーファースト。

 

この3つを男性が気にかけてあげることが大切です。

まとめ

日本人の男性にはなかなか定着に時間がかかっているこのレディーファーストという「礼」

ひとつの作法と考えると「なんでやってくれないの?」と女性からの不満が出てくる部分です。

ただ慣れていない分女性のほうもやってもらうと感激はします。

やってもらうと嬉しいです。

がやらなくてもやってもらって当たり前の中で育っていない分、嫌な気持ちにはなりません。

ただ「リードしてもらうこと」「大切にしてもらっている」ということを実感するのはとても好きなのです。

ぜひチャレンジすることはおすすめします。

 

彼女の作り方→アプローチで女性のしもべになるべし!成功率100%!

恋活での女性との出会い、成功率ナンバーワン!一番早くて確実な出会い方は!?

 


彼女いない歴=年齢の男性必見!彼女の作り方をゼロから徹底解説。

CTA-IMAGE 彼女を作るのに、まずは出会いがなければなんともなりません。とにかく出会いなんです。 出会って恋愛がスタートさえしてしまえば、口下手だろうがインドア派だろうがなんとかなるもんです。 そこで、女性と出会うきっかけをどう作っていくか?その王道5パターンをお伝えします!

20代 カテゴリの最新記事